マーケティングを机上の空論にしない方法

こんにちは!
クラシック音楽専門サイトの《クラシック・マーケット》を運営している
クラシック音楽専門のマーケターのぶ♪です(^^)

 

【画像】クラシック音楽業界専門マーケターのぶ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログでは
クラシックのフリーランス音楽家が
集客に困らないようにするための情報を
お届けしています。

クラシック音楽家のみなさんにとって
活動のための良いヒントになれば嬉しい限りです。

ぜひご活用ください。

 

 

マーケティングにおいて
ターゲットや強み、差別化は
すべて考え方のことです。

頭で考えているだけでは
マーケティングは活用できません。

現実に落とし込まなければ
すべては机上の空論になってしまいます。

では、どうすれば
机上の空論にならないのでしょうか?
それにはある手法を使います。

マーケティンの本でよく出てくる
“4P”という言葉をご存知ですか?

・Product(製品)
・Promotion(販促)
・Place(流通)
・Price(価格)

それぞれの頭文字Pをとって
4P(フォーピー)と呼ばれています。

英語だと覚えづらいので
いっそ日本語にして覚えてしまいます。
その方が理解しやすいからです。

・売り物(Product)
・売り方(Promotion)
・売り場(Place)
・売り値(Price)

英語の時より想像がつきやすいはずです。

この4Pを使いこなせなければ
どんな商品やサービスもうまくいきません。

逆に使いこなすことで
考え方と行動に一貫性が生まれ
商品やサービスが売れやすくなります。

今回はまず4Pの日本語だけでも
覚えておくことをおすすめします。

ブログ一覧へ

 

ブログには書けない秘密のノウハウと、
お得なお知らせはメルマガで配信中♪

「コンサートの集客で困っている」
「教室のお客さんが増えない」
と悩んでいる方は今すぐご登録して活用してくださいね(^^)

メルマガ購読・解除 ID: 1679746
クラシック音楽家のためのマーケティング講座



バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ