クラシック音楽家・演奏家としての自分のお客様はどんな人か?

こんにちは!
クラシック音楽専門サイトの《クラシック・マーケット》を運営している
クラシック音楽専門のマーケターのぶ♪です(^^)

 

【画像】クラシック音楽業界専門マーケターのぶ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログでは
クラシックのフリーランス音楽家が
集客に困らないようにするための情報を
お届けしています。

クラシック音楽家のみなさんにとって
活動のための良いヒントになれば嬉しい限りです。

ぜひご活用ください。

 

 

自分の強みを理解し、
差別化の軸を決めると
あることが見えてきます。

自分のお客様はどんな人なのか?
ということです。

具体的にはどんな人物像が
自分のお客様になりやすいのか?
が見えてきます。

なぜかというと
一貫性のある差別化をすることで
戦略が明確になります。

明確になることで
お客様の好みが分かれます。

好みが分かれますが
あなたを選んでくれる人達には
自然と共通点ができているのです。

その共通点を理解できれば
とても強い戦略を実行できます。

さらに、
自分のお客様を理解すると
無駄な行動をしなくても良いという
素晴らしいメリットがあります。

とても簡単に言うと
ハンバーガーを売るとしたら

“お腹を空かせている人”と
“お腹いっぱいの人”

どちらの人に売れば
効率的でたくさん売れますか?

もちろん”お腹を空かせている人”ですね。
つまり”お腹を空かせている人”だけに
宣伝すれば良いわけです。

自分のコンサートやレッスンを
買ってくれる人はどんな人か?

具体的に紙に書き出して
整理することをおすすめします。

ブログ一覧へ

 

ブログには書けない秘密のノウハウと、
お得なお知らせはメルマガで配信中♪

「コンサートの集客で困っている」
「教室のお客さんが増えない」
と悩んでいる方は今すぐご登録して活用してくださいね(^^)

メルマガ購読・解除 ID: 1679746
クラシック音楽家のためのマーケティング講座



バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ