クラシック音楽家・演奏家はアンケート時の質問には返信すべきか?

こんにちは!
クラシック音楽専門サイトの《クラシック・マーケット》を運営している
クラシック音楽専門のマーケターのぶ♪です(^^)

 

【画像】クラシック音楽業界専門マーケターのぶ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログでは
クラシックのフリーランス音楽家が
集客に困らないようにするための情報を
お届けしています。

クラシック音楽家のみなさんにとって
活動のための良いヒントになれば嬉しい限りです。

ぜひご活用ください。

 

 

アンケートを実施する際には
必ず自由回答欄を設けた方が良いです。

なぜかというと、自由回答欄は
お客様の本音が出てきやすいからです。

選択式の回答は深く考えませんが
自由回答欄だと考える人が多くなります。

ここで、
自由回答欄の質問には返信すべきなのか?
という疑問が出てきます。

これには明確な答えがあります。

お客様を継続的に増やしたい場合は
必ず返信した方が良いです。

なぜかというと、返信をすることで
「ちゃんと返信をしてくれた」
「私の声が届いた」
とお客様は感じます。

1対1の顧客対応が有効な現代では
丁寧に返信をするだけで
お客様満足度が高まります。

個別対応は手間がかかる、と
感じるかもしれませんが、
手間以上に見返りが大きいので
質問には返信することをおすすめします。

毎度のことですが、
やらないよりはやった方が良いですね。

ブログ一覧へ

 

ブログには書けない秘密のノウハウと、
お得なお知らせはメルマガで配信中♪

「コンサートの集客で困っている」
「教室のお客さんが増えない」
と悩んでいる方は今すぐご登録して活用してくださいね(^^)

メルマガ購読・解除 ID: 1679746
クラシック音楽家のためのマーケティング講座



バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ