伝えたいことを伝えるには?

こんにちは!
クラシック音楽専門サイトの《クラシック・マーケット》を運営している
クラシック音楽専門のマーケターのぶ♪です(^^)

 

【画像】クラシック音楽業界専門マーケターのぶ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログでは
クラシックのフリーランス音楽家が
集客に困らないようにするための情報を
お届けしています。

クラシック音楽家のみなさんにとって
活動のための良いヒントになれば嬉しい限りです。

ぜひご活用ください。

 

 

ターゲットに対して
適切なメッセージを送るためには
メディアの文字数を知ることが大切です。

文字数を知ったあとに
各メディアの文字数に合わせて改行をします。

じゃあ、
「本当に伝えたいことを伝えるにはどうすれば良いのか?」

コンサートや教室をやっている
音楽家には悩ましい点ですね。

特に、宣伝をしたい時には
お客様に伝わらなければ来てもらえません。

伝えたいことを伝える時には
次の3つを意識すると伝わりやすくなります。

1. 話し言葉を入れる
2. 強調を入れる
3. 箇条書きにする

順にお伝えしていきますね。

1. 話し言葉を入れる

メリットは、感情を伝えやすくなります。

具体的には
「」でくくり、会話のようにします。

すると、読み手が自分でイメージして
感情を付け加えてくれます。

感情が加わると
人が行動する確率が上がります。

2. 強調を入れる

メリットは、印象に残りやすくなります。

今の時代はスマホで文章を読む人が多いです。
スマホで文章を読む場合は
意外と流し読みをする人が多いです。

あなたにもそんな経験がありませんか?

強調を入れることで目に留まり、
その部分が印象に残ります。

具体的には
“”や太文字にすると効果が高いです。

3. 箇条書きにする

メリットは、整理しやすくなります。

人は文章を読む時に、
理解しようとして
頭の中で整理を始めます。

これが実は
意外と無意識にストレスがかかります。

「結局なにから始めたらいいんだろう?」

過度のストレスがかかると
行動するのが面倒になります。

事前に整理して伝えてあげると
読み手にストレスがかかりません。

すると行動する確率があがります。

今文章を読んでいるあなたも
「今日のポイントは3つだな!」
と意識がいっているはずです。

今日お伝えした3つのこと
毎日意識して発信することを
おすすめします。

毎日意識することで
自然と鍛えられていき、
文章力がレベルアップしますよ♪

ブログ一覧へ

 

ブログには書けない秘密のノウハウと、
お得なお知らせはメルマガで配信中♪

コンサートの集客で困っている、教室のお客さんが増えない、と悩んでいる方は今すぐご登録して活用してくださいね(^^)

メルマガ購読・解除 ID: 1679746
クラシック音楽家のためのマーケティング講座



バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ