価値を具体化する

こんにちは!
クラシック音楽専門サイトの《クラシック・マーケット》を運営している
クラシック音楽専門のマーケターのぶ♪です(^^)

 

【画像】クラシック音楽業界専門マーケターのぶ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログでは
クラシックのフリーランス音楽家が
集客に困らないようにするための情報を
お届けしています。

クラシック音楽家のみなさんにとって
活動のための良いヒントになれば嬉しい限りです。

ぜひご活用ください。

 

 

お客様に商品やサービスを
買ってもらうには
お客様にとっての価値を
理解する必要があります。

 

価値を理解したあとは
お客様となるターゲットを
絞る必要があります。

 

それが前回までにお伝えした
“セグメンテーション”
“ターゲット”です。

 

 

では具体的に
どのようにしてお客様を絞るのか?

 

次の3つのステップが大切です。

 

1. 価値を具体化
2. 価値を普遍化
3. 人で”くくる”

 

 

今回は価値の具体化について
お伝えをします。

 

よく言われる「付加価値」という
あいまいな言葉ではダメです。

 

「どんな付加価値なのか?」
をお客様の言葉で価値を具体化します。

 

 

例えば、居酒屋の場合

 

「上司に怒られたので、友人と飲んでスカッとしたい」

 

これくらいの言葉に具体化します。

 

いつ行ってもお客様もスタッフも
楽しそうな居酒屋は
このニーズをぴったり満たしています。

 

一方カフェでは

 

「家では気が散って集中できないので、落ち着いて勉強したい」

 

受験生や資格勉強中、
ビジネスマンがカフェに多いのは
このニーズを満たしているからです。

 

 

では、コンサートやレッスンの場合は?

 

コンサートでは、
「久しぶりに生の音楽を聴いて、心から癒されたい」

 

レッスンでは、
「我流じゃ限界があるから、先生について上達したい」

 

などが挙げられます。

 

 

大切なのは、
“正解は1つではない”ということ。

 

あなたの今のお客様の状況を考えて
“具体的な価値”を書き出してみてください。

 

難しく考えなくても丈夫です。
お客様になりきって想像して
書いてみることをおすすめします。

 

まずは実践してみることが大切です。

 

ブログ一覧へ

 

ブログには書けない秘密のノウハウと、
お得なお知らせはメルマガで配信中♪

「コンサートの集客で困っている」
「教室のお客さんがなかなか増えない」
と悩んでいる方は今すぐご登録して活用してくださいね(^^)

メルマガ購読・解除 ID: 1679746
クラシック音楽家のためのマーケティング講座



バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ