あなたの商品を買う人とは?

こんにちは!
クラシック音楽専門サイトの《クラシック・マーケット》を運営している
クラシック音楽専門のマーケターのぶ♪です(^^)

 

【画像】クラシック音楽業界専門マーケターのぶ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログでは
クラシックのフリーランス音楽家が
集客に困らないようにするための情報を
お届けしています。

クラシック音楽家のみなさんにとって
活動のための良いヒントになれば嬉しい限りです。

ぜひご活用ください。

 

 

お客様があなたから買うのは
商品やサービスでもありません。

 

お客様があなたから
本当に買っているのは“価値”です。

 

では、その”価値”を
買ってくれるお客様とはどんな人か?

 

この質問に即答できる人は
マーケティング力がついている証拠です。

 

即答できなくても安心してください。
これからしっかりとお伝えしていきます。

 

「けど、お客様が求める”価値”って
人それぞれだろう」
と思われる方もいるでしょう。

 

さすがです!
仰るとおりで求める”価値”は
人によって様々です。

 

だからこそ
“分けて考える”必要があります。

 

なぜかというと
すべてのニーズに対応することは
不可能だからです。

 

 

少し考えてみましょう。

 

あなたは腕時計をされていますか?

 

その腕時計、
どんな価値を求めて買いましたか?

 

1. 機能が多くて使いやすい
2. とてもかわいい・かっこいい
3. とりあえず時刻がわかれば良い

 

1.の方は、機能性重視ですね!

使用する時のイメージが明確で
使用シーンに合わせて機能を使い分けるでしょう。
“機能的な価値”を求めています。

 

2.の方は、デザイン性重視ですね!

アクセサリー的に使用していて
つけるだけで気分が上がるでしょう。
“情緒的な価値”を求めています。

 

3.の方は、安さ重視かもしれませんね!

とりあえず時刻がわかれば良いので
簡単に手に入るものを選んだのかもしれません。
“手軽な価値”を求めています。

 

腕時計1つをとっても
こんなにニーズがあります。

 

もちろん、
最近は様々なものが登場しており、
全てのニーズを満たすものもあります。

 

しかし、それは非常に稀なケースです。
欲張ってそこを狙うと
かえって失敗するケースが多いです。

 

 

“分けて考える”には
次の2つを勉強します。

 

1. セグメンテーション

“求める価値”でお客様を分ける

 

2. ターゲット

“求める価値”でお客様を絞る

 

また別のブログで
詳しくお伝えしていきます。

 

マーケティング力を鍛えるには
日々の復習が欠かせません。

 

自分の身の回りにあるもので
どんな価値を求めてそれを買ったのか?
を考えてみることをおすすめします。

 

 

ブログ一覧へ

 

ブログには書けない秘密のノウハウと、
お得なお知らせはメルマガで配信中♪

「コンサートの集客で困っている」
「教室のお客さんがなかなか増えない」
と悩んでいる方は今すぐご登録して活用してくださいね(^^)

メルマガ購読・解除 ID: 1679746
クラシック音楽家のためのマーケティング講座



バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ