“ビフォー・アフター”でお客様の立場を考える

こんにちは!
クラシック音楽専門サイトの《クラシック・マーケット》を運営している
クラシック音楽専門のマーケターのぶ♪です(^^)

 

【画像】クラシック音楽業界専門マーケターのぶ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログでは
クラシックのフリーランス音楽家が
集客に困らないようにするための情報を
お届けしています。

クラシック音楽家のみなさんにとって
活動のための良いヒントになれば嬉しい限りです。

ぜひご活用ください。

 

 

あなたがお客様から
商品やサービスを買っていただくには
“価値”を提供する必要があります。

 

“価値”を提供するには
お客様が求める”価値”を
理解する必要があります。

 

“価値”を理解しないままだと
単なる”押し売り”になるからです。

 

お店にいくとたまに
こんな店員がいませんか?

 

「この商品は良いですよ!」
「これは当店のおすすめですよ!」
「この商品はあれもこれも機能がついています!」

 

あなたが求めてもいない”価値”を
延々と説明してくる店員です。
これが単なる押し売りです。

 

そうならないために
お客様が求める”価値”を理解することを
おすすめします。

 

“価値”の理解には
お客様の立場で考えることが必須です。

 

 

今回は
“ビフォー・アフター”で
お客様の立場を考えます。

 

ビフォー・アフターの流れを
時系列でみると次のようになります。

 

1. ビフォーの悩み
2. 価値の使い方
3. アフターの嬉しさ

 

 

例えば、
居酒屋で考えてみましょう。

 

1. ビフォーの悩み
・嫌なことがあり飲んでスカッとしたい

 

2. 価値の使い方
・居酒屋に行く

 

3. アフターの嬉しさ
・明日からまた頑張ろう!となる

 

この時の”価値”は

・安くてたくさん飲める店
・騒がしくて元気なお店
・店員が親身に話を聞いてくれる

などが挙げられますね。

 

 

同じく居酒屋の例です。

 

1. ビフォーの悩み
・大切な人と静かに飲みたい

 

2. 価値の使い方
・居酒屋に行く

 

3. アフターの嬉しさ
・とても記念になる食事になった

 

この場合の”価値”は

・静かなお店
・落ち着きのあるお店
・店員が気を利かしてくれる

などが挙げられますね

 

同じ”居酒屋に行く”でも
その時の心境によって求める
“価値”が変わってきます。

 

ビフォー・アフターは
売り手側には見えづらいですが、
アンケートを取れば見えてきます。

 

効果的なアンケートの取り方については
また別のブログでご紹介します。

 

 

唐突ですが、
ここで簡単なワークショップです。

 

ワークショップをやると
確実にマーケティング力がつくので
実践することをおすすめします。

 

「あなたが今日食べたお昼ご飯は
どんな点に”価値”を求めて選びましたか?」

 

“ビフォー・アフター”で考えてみてください。

 

「美味しいものが食べたくて、、、」
「時間がなかったから素早く食べるところにした」

 

などでも構わないです。

 

あなたなりに”選んだ理由”があるはずです。

 

自分で考えてみて
回答は僕のメルマガへ登録して
返信をしてください。

 

僕が責任もってお返事をさせていただきます。

文章の最後にお名前(ニックネーム)だけ
書いていただけると助かります。

 

考えてみることがとても大切です。

 

今回行動をするだけで
あなたは他のフリーランス音楽家より
一歩成長することになります。

 

まずは一歩踏み出してみることを
おすすめします。

 

ブログ一覧へ

 

ブログには書けない秘密のノウハウと、
お得なお知らせはメルマガで配信中♪

「コンサートの集客で困っている」
「教室のお客さんが増えない」
と悩んでいる方は今すぐご登録して活用してくださいね(^^)

メルマガ購読・解除 ID: 1679746
クラシック音楽家のためのマーケティング講座



バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ