“使い方”でお客様の立場を考える

こんにちは!
クラシック音楽専門サイトの《クラシック・マーケット》を運営している
クラシック音楽専門のマーケターのぶ♪です(^^)

 

【画像】クラシック音楽業界専門マーケターのぶ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログでは
クラシックのフリーランス音楽家が
集客に困らないようにするための情報を
お届けしています。

クラシック音楽家のみなさんにとって
活動のための良いヒントになれば嬉しい限りです。

ぜひご活用ください。

 

 

お客様はあなたから商品やサービスを
買っているのではありません。

 

お客様が買っているのは
商品やサービスがもたらす
“価値”です。

 

商品やサービスが売れるには
お客様に提供している
“価値”を理解する必要があります。

 

“価値”を理解するには
お客様の立場で考えなければなりません。

 

今回は”価値の使い方”から
お客様の立場を考えます。

 

 

“価値”というのは”使い方”に現れます。

 

例えば、
野菜ジュースの”価値”の”使い方”を
考えてみましょう。

 

・野菜不足の時に飲む
・朝時間がないときに飲む
・健康的な日々を送るために毎日飲む

 

これを簡単に考えると

 

・野菜不足の解決
・時間短縮の解決
・健康の解決

 

とも考えることができます。

 

つまり
何かを解決したいときや
何かを得たいときですね。

 

 

もし、
あなたが調理器具の鍋を買う時、
鍋そのものが欲しいのではなく
鍋による価値が欲しいのです。

 

この場合は、

 

・大人数の料理を作りたい
・おでんやカレーを作りたい

 

などの使い方が考えられますね。

 

このように
“使い方”から考えることで
商品やサービスの”価値”がわかります。

 

 

唐突ですが、
ここで簡単なワークショップです。

 

3分ほど考えるだけで
マーケティング力だつきます。

 

「あなたが過去に受けた音楽レッスンは
どんな価値が欲しくて受けましたか?」

 

自分で考えてみて
回答は僕のメルマガへ登録して
返信をしてください。

 

僕が責任もってお返事をさせていただきます。

文章の最後にお名前(ニックネーム)だけ
書いていただけると助かります。

 

ポイントは、
“価値は使い方に現れる”です。

 

当時の正直な気持ちで考えても良いです。
今の立場から振り返って考えてみても良いです。

 

考えてみることがとても大切です。

 

今回行動をするだけで
あなたは他のフリーランス音楽家より
一歩成長することになります。

 

まずは一歩踏み出してみることを
おすすめします。

 

ブログ一覧へ

 

ブログには書けない秘密のノウハウと、
お得なお知らせはメルマガで配信中♪

「コンサートの集客で困っている」
「教室のお客さんが増えない」
と悩んでいる方は今すぐご登録して活用してくださいね(^^)

メルマガ購読・解除 ID: 1679746
クラシック音楽家のためのマーケティング講座



バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ