あなたのお客様はどんな人?

こんにちは!
クラシック音楽専門サイトの《クラシック・マーケット》を運営している
クラシック音楽専門のマーケターのぶ♪です(^^)

 

【画像】クラシック音楽業界専門マーケターのぶ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログでは
クラシックのフリーランス音楽家が
集客に困らないようにするための情報を
お届けしています。

クラシック音楽家のみなさんにとって
活動のための良いヒントになれば嬉しい限りです。

ぜひご活用ください。

 

 

以前のブログでは
軸(戦略)の作り方について
お伝えしました。

 

軸(戦略)を作った後に
必ずすることがあります。

 

それは
“ターゲット(お客様)を絞る”
ことです。

 

なぜか??

 

100人中100人に受け入れられるような
商品やサービスは絶対にありえません。
人それぞれ生まれ育った背景が違うからです。

 

さらに、今の時代は一人一人に向けた
アプローチが必須になってきます。
※アプローチ方法については別の機会に。

 

ターゲット(お客様)を絞ることで
2つの大きなメリットが得られます。

 

・集客がしやすくなる
・掘り下げて考えることができる

 

 

コンサートで例をあげましょう!


【パターン1】

0歳から入場可能な
ファミリーコンサートを開催します。

 

ターゲットは
“3歳以下のお子さまをもつ保護者”にします。

 

集客面では
“3歳以下のお子さまをもつ保護者”が
接触しやすい媒体という点で

 

・インターネットか?
・チラシか?
・口コミか?

 

掘り下げて考える面では
コンサート当日に気にする点で

 

・授乳室は必要か?
・ベビーカー置き場は必要か?
・会場にエレベーターはあるのか?

 

 

【パターン2】
本格的なクラシックコンサートを開催します。

 

ターゲットは
“クラシック音楽好きの年配の方”にします。

 

集客面では、
“クラシック音楽好きの年配の方”が
接触しやすい媒体という点で

 

・インターネットよりもチラシの方が良いか?
・チラシはどこで入手しやすいか?
・電話受付だけの方が良いか?

 

掘り下げて考える面では
コンサート当日に気にする点で

 

・エレベーターはあるのか?
・エスカレーターはあるのか?
・休憩はあるのか?

 

以上のような疑問点が浮かびます。

 

 

それぞれのターゲットにより
出てきた疑問が違うことが
はっきりと分かりますよね?
※共通する疑問点もあります。

 

疑問点については
ターゲットに似た知り合いに聞き、
事実の声を集めるのが一番良いでしょう。

 

事実が分からなければ
インターネットで調べて
仮説を立てても良いです。

 

掘り下げて考えて出した答えを
チラシやホームページに掲載してあげると
ターゲットは余計な心配をしなくて良いので
喜んでくれるでしょう。

 

ターゲットを明確にすることで
余計な時間を費やすことなく
お客様に集中でき、
目的がぶれることもありません。

 

ブログ一覧へ

 

ブログには書けない秘密のノウハウと、
お得なお知らせはメルマガで配信中♪

「コンサートの集客で困っている」
「教室のお客さんがなかなか増えない」
と悩んでいる方は今すぐご登録して活用してくださいね(^^)

メルマガ購読・解除 ID: 1679746
クラシック音楽家のためのマーケティング講座



バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

あなたのお客様はどんな人?” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。