マーケティングで重要な一貫性とは?

こんにちは!
クラシック音楽専門サイトの《クラシック・マーケット》を運営している
クラシック音楽専門のマーケターのぶ♪です(^^)

 

【画像】クラシック音楽業界専門マーケターのぶ♪

 

 

 

 

 

 

 

このブログでは
クラシックのフリーランス音楽家が
集客に困らないようにするための情報を
お届けしています。

クラシック音楽家のみなさんにとって
活動のための良いヒントになれば嬉しい限りです。

ぜひご活用ください。

 

 

前回の記事では
マーケティングで大切な2つのこと
についてお伝えしました。

 

覚えていますか??

 

そう!
“一貫性”と”具体性”ですね。

 

今回は”一貫性”を深堀りしていきます。

 

では実際に、
一貫性のあるマーケティング
って具体的にどんなものでしょう??

 

例をあげましょう!

 

“高級商品”を”限定したルート”
でしか販売していない。

 

これはとても一貫性があります。

 

なぜかというと
希少価値の高い商品を
特定したルートでしか販売していないので、
非常に価値が高まります。

 

そして、それを求めるお客様はいます。
“ルイ・ヴィトン”が典型的な例でしょう。

 

“ルイ・ヴィトン”は
正規ルートでしか販売せず、
値引きは一切しない、
とHPで名言しています。

 

 

次の例です。

 

“お客様の個別ニーズに応えて”、
“カスタマイズできる商品”を提供する。

 

これも一貫性があります。

 

実は、個別ニーズに対応するのは
労力がかかり軸がぶれやすいです。

 

しかし、
お客様自身が選択できるように
“カスタマイズ”可能にすることで
“ニーズに応えて”
“一人一人のお客様と向き合う”関係性を
築くことができます。

 

細かな注文ができる
“スターバックス”が典型的な例ですね。

 

スターバックスはお店の空間が
一番の魅力と感じがちですが、
実は”個別ニーズの対応”という点でも
非常に優れています。

 

このように
一貫性のあるマーケティングとは
“目的”と”行動”にブレがないことです。

 

基本的なことでありながら
実行できている人や組織というのは
そう多くありません。

 

そして、
一貫性のあるマーケティングというのは
日常の様々なところにあります。

 

普段通っている道も
マーケティングの視点で意識すると
新しい発見があるのでおすすめですよ。

 

ブログ一覧へ

 

ブログには書けない秘密のノウハウと、
お得なお知らせはメルマガで配信中♪

「コンサートの集客で困っている」
「教室のお客さんがなかなか増えない」
と悩んでいる方は今すぐご登録して活用してくださいね(^^)

メルマガ購読・解除 ID: 1679746
クラシック音楽家のためのマーケティング講座



バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

マーケティングで重要な一貫性とは?” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。