マーケティングで大切な2つのこと

こんにちは!
クラシック音楽専門サイトの《クラシック・マーケット》を運営している
クラシック音楽専門のマーケターのぶ♪です(^^)

 

【画像】クラシック音楽業界専門マーケターのぶ♪

 

 

 

 

 

 

 

このブログでは
クラシックのフリーランス音楽家が
集客に困らないようにするための情報を
お届けしています。

クラシック音楽家のみなさんにとって
活動のための良いヒントになれば嬉しい限りです。

ぜひご活用ください。

 

 

マーケティングには
とっても大切なことがあります。

 

しかも2つ!

 

これを忘れてしまうと
どんな戦略や企画も
上手くいかないことが多いです。

 

1つ目は“一貫性”

 

2つ目は“具体性”

 

このどちらかが欠けると
とても内容の良いコンサートであっても
集客に失敗します。

 

とても素晴らしいHPを持っていても
アクセスに伸び悩みます。

 

しかし、
“一貫性”と”具体性”を理解して、
実行に移せると不思議なくらい
簡単に集客し、アクセスを伸ばすことができます。

 

それくらい
マーケティングの重要な要素になります。

 

 

例をあげましょう。

 

一貫性のないマーケティングとは
“高級商品”なのに”たびたび値引きする”

 

高級な商品は価値の高いものであり
なかなか手が出せないからこそ
“ブランドもの”として位置を確立しています。

 

そんな”ブランドもの”が
“たびたび値引き”をするとどうなるでしょうか?

 

今までターゲットとしていなかった
お客様が一時的に増えるでしょう。

 

しかし、本来のターゲットであったお客様は、
もはや価値を見い出せず離れていきます。

 

高価格に設定した飲食店などが
よく陥りがちな罠になります。

 

 

具体性がないマーケティングとは
よくある”安い居酒屋さん”です。

 

「当店は安さだけが売りです!」
「安さだけはどこにも負けません!」

 

一見、
安さで優っているなら他の居酒屋に勝ってそう
と思いがちですが、実はそうでもないです。

 

なぜかというと
ターゲットを明確に決めていないからです。

 

“安さを求める人”は価格しか見ていません。

 

つまり、”安い居酒屋さん”の価値は
“料金の安さ”でしかないんですね。

 

他にお客様が求める価値はないんです。

 

そうなると、もし、
自社よりも”価格が安い”競合が現れた場合、
あっという間に経営難に陥ります。

 

今の時代、お客様が求めるものを
“価格”だけに限定するのはとても危険です。

 

僕も過去に、
“安さが売りのコンサート”を企画し、
何度も実行して失敗を経験しましたから、
身を持って体験しています。

 

今の時代は
“提供する価値”でターゲットを絞り
広報、集客することをおすすめします。

 

ブログ一覧へ

 

ブログには書けない秘密のノウハウと、
お得なお知らせはメルマガで配信中♪

「コンサートの集客で困っている」
「教室のお客さんがなかなか増えない」
と悩んでいる方は今すぐご登録して活用してくださいね(^^)

メルマガ購読・解除 ID: 1679746
クラシック音楽家のためのマーケティング講座



バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

マーケティングで大切な2つのこと” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。