神戸アンサンブルソロイスツ第33回定期演奏会

20181021神戸アンサンブルソロイスツ第33回定期演奏会のチラシ

コンサート詳細

日時

2018年10月21日(日)
13:30 開場
13:40 プレトーク
14:00 開演

 

会場

神戸文化ホール 大ホール
〒650-0017 神戸市中央区楠町4-2-2

 

料金

500円(自由席)

※未就学児童入場可能
チケットをお持ちの方はどなたでも来場歓迎です。
ただし子ども向けのプログラムではありません。ご了承ください。
質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

出演者

指揮:山川茂
神戸アンサンブルソロイスツ

 

プログラム

カリンニコフ:間奏曲第2番ト長調
ボロディン:交響曲第2番ロ短調
カリンニコフ:交響曲第1番ト短調

 

主催

神戸アンサンブルソロイスツ

 

後援

公益財団法人神戸市民文化振興財団
神戸新聞社

 

主催より

今回の演奏会のテーマ「ロシア」

ロシアと言えば何を想像するでしょうか?

寒い冬、マトリョーシカ、「20世紀最大の社会実験」と称されたソ連邦、プーチン大統領、スパイ、オリンピックの名勝負・名選手、先日のワールドカップ、玉ねぎの形をした教会、大阪で開催中のプーシキン美術館展、そして「トロイカ」「パルナスの歌」などの哀愁あふれる旋律の生まれ故郷。

今回、我々は近くて遠い国、ロシアの音楽を演奏します。

ボロディンは今から150年ほど前に活動した作曲家で、「だったん人の踊り」がとても有名です。今回演奏します交響曲第2番は、ロシアが「ルーシ」と古い名前で呼ばれた時代、草原の彼方から押し寄せる異民族と勇敢に戦った英雄達を活写しているかのような曲です。

カリンニコフはボロディンよりやや後の時代の作曲家です。音楽の才能を認められて活動し始めた矢先、不治の病に侵され若くして亡くなりました。交響曲第1番はロシア民謡の特徴が取りいれられ、素朴で美しい旋律は多くの演奏家や聴衆の心を捉えてきました。特に、終楽章は病気が進行する中で作曲されたとは思えないほど、明るく華やかな曲です。死が現実のものとして見えてくるとき、人は絶望と戦いながら自らを鼓舞して生きるのかもしれません。

秋のひととき、時を超えて生き続ける作曲家の想いを共有できれば幸いです。
皆様のご来場を団員一同、心よりお待ち申し上げております。

 

ご予約・お問い合わせ

【お申込み】
■神戸文化ホールプレイガイド
電話:078-351-3349

 

【お問い合わせ】
■神戸アンサンブルソロイツ
メール:soloiststicket@gmail.com
ホームページ:http://orchestra.musicinfo.co.jp/~soloists/

 

 

コンサート情報一覧へ

コンサートを掲載したい方はこちら

 

★クラシック音楽家の仕事に役立つ情報をメルマガにて配信中♪
メルマガ発行者のプロフィールはこちら

ブログには書けないノウハウと、お得なお知らせはメルマガで配信中♪

「コンサートの集客で困っている」
「教室のお客さんがなかなか増えない」
と悩んでいる方はご活用ください。

メルマガ購読・解除 ID: 1679746

クラシック音楽家のためのマーケティング講座



バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

 

ホーム

コンサート情報一覧

ご利用ガイド

クラシック音楽家の仕事に役立つブログ

お問い合わせ

運営者